株主優待と配当について学ぶ
豪華な食事

株主優待には食品、金券、施設利用券など様々なものがあります。また、株主優待を行っている企業はおおよそ1000銘柄ほどありますし、配当に関しましても違います。これから株をやられる方も今やっている方も当サイトを参考にして株の銘柄を選びましょう。

株主優待で電化製品の購入は損益通算で利益を出す

株主優待などを利用してお得に電化製品を購入しようと考えている人も多いことでしょうが、そのような場合損益通算をして利益が出るように投資をすることが重要となります。
株主優待には商品券などが配布されるもんであったり、家電量販店の場合には自社店舗で使うことができる割引券などが配布されることも多いので、そのような銘柄を所有しておけば電化製品もお得に購入をすることができますが肝心の株で損をしてしまっては意味がありません。

例えば割引券タイプの株主優待が配布されている銘柄の場合には、大量に電化製品を購入する場合などに有利ですから、何十万円と買物をする場合には、株価が下落して損失が出ても優待を考慮すると損益通算した場合にプラスになるということがあります。
逆に株主優待で得をした気分になっていても、株価が大きく下落をしてしまって損益通算をした時にマイナスになってしまっているということもあるので、株主優待を目的とする場合には優待の利回りと株価の変動による損益、また配当などがある場合には配当の利回りを考慮に入れて投資をしてみると良いでしょう。

ただし、余程業績の不振な銘柄を選ぶのでなければ株価が下がったら下がったで株主優待と配当をもらってのんびりと株価が戻ってくるまで待つという方法も取ることができるので、長期的に見て損をしなさそうな銘柄だけを選んでおけば一時的に損失が出たとしても最終的にはプラスにすることができるので目先の動きは重視しないという投資の仕方もあります。
しかし、何も考えもなしに株主優待がお得だからという考えで投資をすると逆に損失を出してしまうことがあるので、損益通算を考えた投資をするようにしましょう。