株主優待と配当について学ぶ
豪華な食事

株主優待には食品、金券、施設利用券など様々なものがあります。また、株主優待を行っている企業はおおよそ1000銘柄ほどありますし、配当に関しましても違います。これから株をやられる方も今やっている方も当サイトを参考にして株の銘柄を選びましょう。

色々な株主優待と株の配当金について

株の配当金

株式投資をする際に大きく期待したいのが、企業が営業益を出すことで、営業益を出せば、投資家に株主配当を出します。
業績により一株利益が決まり、株数に応じて配当が支払われますが、業績不振により赤字着陸となれば、配当は減額(減配)や無配となります。
逆に好業績となれば、無配であった企業も復配となり、増配になる企業もあります。
株式市場の上場は資金調達の手段となり、また、企業の資産ともあります。
本来企業は、株主全員の出資により成り立ち、従業員はそこで働く労働者です。
企業に出資すればその割合に対して利益が出れば配当支払いがされることは当たり前で、株主に対して4半期ごとに決算報告をする義務があります。
一方で、出資者に対するベネフィットとして、株主優待制度があり、これは、自社製品やサービスなどが受けられるもので、中にはクオカードやギフトカードなどもあります。
また鉄道会社は自社路線の利用券、航空会社で運賃サービス券、外食チェーンでは食事無料券、テーマパークなどの場合、割引券や入場無料券、宿泊施設の場合、無料宿泊券や施設内サービス券、金融機関では定期預金優遇金利の権利、の他に変わったものでは、カレンダーや手帳の配布、カタログギフト、映画観賞券、自社工場の見学ツアー、宝くじプレゼントなどがあり、抽選で当たるプレゼントと必ずしも受けられない抽選権というものもあります。
株主優待や配当権利は権利確定月に株を所有していることが条件であり、その前に売却した株については、配当金や株主優待の権利が与えられません。
利食い目的で投資を行なうトレーダーは配当金や株主優待という権利よりも、短期で値上がりした際の利ザヤを目的にしています。